オープン検査のご案内

検査を受診される方へ

MRI検査やCT検査を受診される方へのご説明です。 当院では安全で患者様に苦痛のない検査を心掛けております。

MRI検査を受診される方

MRI検査とは?

MRI(magnetic resonance imaging:磁気共鳴画像診断装置)検査は 強力な磁石で出来た機械の中に入り、磁気の力を利用して身体の断面や 血管を撮影する装置です。

MRI検査の注意事項

次のような方は検査を受けられないことがあります。必ずスタッフに申し出てください。

  • 1.心臓ペースメーカーを埋め込んでいる方
  • 2.人工内耳、人工中耳の方
  • 3.血管へのステント挿入術を受けられている方
  • 4.古い人工心臓弁の手術を受けられている方
  • 5.チタン製以外の脳動脈瘤クリップが入っている方
  • 6.眼に微細な金属片が入っている(または入っていると疑わしい方)
  • 7.金属の義眼底の方
  • 8.骨折によりボルト固定がされたままの方
  • 9.躯幹全体に入墨のある方
  • 10.妊娠3ヶ月以内(または妊娠が疑わしい方)
  • 11.避妊リングを体内に入れている方
    (閉所恐怖症の方や検査に不安が有る方は事前に申し出て下さい、不安を取り除くご説明を致します。)

化粧品・カラーコンタクト・金属について

化粧品について

化粧品には、磁性体が含まれているもの(マスカラ・アイライン・アイブロウ・アイシャドウ等)があり、検査画像に影響があるだけでなく目の粘膜等を傷つけることがあるので、出来れば付けずに来院してください。特に頭部や目の周辺の検査の場合に、お化粧を落としていただくことがあります。

カラーコンタクトレンズについて

瞳の色を変える目的で使用されるカラーコンタクトレンズは、材質に金属が使われている場合がありますので、はずしてご来院いただくか検査の前にはずしていただきます。

金属について

金属(磁石に付くもの)を身に着けていると、画像が乱れて検査に支障をきたすだけでなく、MRI装置に金属が磁力で引っ張られて飛んだり、装置に吸着するので大変危険です。また、下着で金属のワイヤーが入っているブラジャーやボディスーツ等は着用していただくことは出来ません。

以下のものは検査室へ持ち込み厳禁です。ご注意ください

眼鏡 ピアス イヤリング ネックレス ヘアピン 腕時計 鍵 入れ歯 携帯電話
磁気カード エレキバン 使い捨てカイロ

お薬について

常用薬を飲んでいらっしゃる患者様は、主治医の指示に従ってください。

食事制限について

腹部の検査(MRCP等)の場合、8時間前より禁食。
または造影検査の場合、検査4時間前より禁食。
(詳しくは造影検査についての項目をご参照ください)

CT検査を受診される方へ

CT検査とは?

CT(computed tomography:コンピューター断層診断装置)は、X線を使って体内の 断層像を撮影します。体内の様子が詳しく分かり、診断や治療に大変役立ちます。

CT検査の注意事項

次のような方はCT検査を受けられない事があります。
必ずスタッフに申し出てください。

  • 妊娠している方
  • または妊娠している可能性のある方
  • 取り外しのできない金属がお身体にある方
  • 心臓ペースメーカーを使用されている方

以下の物は検査室へ持ち込み厳禁です。ご注意ください。

ピアス イヤリング ネックレス ヘアピン エレキバン 使い捨てカイロ

お薬について

常用薬を飲んでいらっしゃる患者様は、主治医の指示に従ってください