1. 大生病院トップページ
  2. 大生病院からのお知らせ
  3. 新型コロナウイルス感染症に対する当院の対応

大生病院からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症に対する当院の対応

2020年03月16日

新型コロナウイルス感染症に対する当院の対応

令和2316

大生病院 院内感染防止対策委員会

  1. 新型コロナウイルス感染症の検査・治療について

    2020年1月28日の閣議において、新型コロナウイルス感染症は国が定める指定感染症となりました。その為、新型コロナウイルス感染症は行政が指定する医療機関で検査、治療することとなります。当院は、行政の指定医療機関ではないため、新型コロナウイルス感染症の検査、治療は行えません。

  新型コロナウイルス感染症が心配の方は、直接来院せず「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」へ連絡し、指示を仰いでください。

  1. 風邪症状の方へ

    新型コロナウイルス感染症の発症初期は風邪の症状とよく似ており、判断が困難です。新型コロナウイルス感染症にかかった方のほとんどが軽症であるとされていますが、高齢者や基礎疾患のある方、妊娠中の方は重症化する恐れがあります。

    当院に入院中、通院の方のほとんどが高齢者であり基礎疾患をお持ちです。

    厚生労働省は風邪症状があっても、一定の期間(一般の方4日間。高齢者、基礎疾患のある方、妊娠中の方2日間)は自宅療養をすすめています。

    その為、当院でも外来待合室等での感染を防ぐため、風邪症状初期の方に自宅療養をおすすめします。

   医療機関には直接来院せず、事前に必ず電話をしてください。

一定期間の自宅療養期間を過ぎても、症状が良くならないようでしたら、「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」へ連絡し、指示通りの行動をお願いいたします。

  1. すべての入院病棟で面会中止

    新型コロナウイルス感染症に感染すると、高齢者や基礎疾患のある方、妊娠中の方は重症化する恐れがあります。

    更に、国内の感染拡大、また小中高の休校・イベントの自粛要請など社会の状況を鑑み、当院では202032日からすべての入院病棟で面会中止といたしました。ただし、院内スタッフからの来院の促しがあった方はその限りではありません。

    面会再開については、国の方針に従い判断いたします。

    ご理解・ご協力をお願いいたします。

  1. 外来患者様を含む来院者の院内飲食の中止

    通常は外来患者様など来院された方に、食堂での飲食をお楽しみいただいておりましたが202035日より感染予防の為、全面中止とさせていただきました。

    再開につきましては、面会と同様、国の方針に従い判断いたします。

  1. マスクについて

    現在、報道でもご存知のとおりマスク不足についてですが、医療機関も例外ではありません。現時点でマスク入荷の見通しが見えない状態ではありますが、患者様と接しているスタッフは必ず着用しております。限りある在庫の中、厳しい状況ではありますが、患者様だけでなく職員への感染防止にも努めてまいります。

また現在、患者様への販売は中止しております。ご了承ください。

  1. スタッフへの健康面での注意・感染症への啓蒙

下記を全スタッフに対して、義務付けしております。また出入りの業者に対しても同様です。

・毎朝の検温 (発熱があった場合は出勤をしない。通常と違う体調の場合に関しても、出勤の有無を含め相談をする)

・出勤時の手指消毒 (職員通用口に設置してあるアルコール消毒の使用)

・出勤後必ず、院内共有システムで最新の情報を確認。

   

  1. 環境消毒の強化

    各部署それぞれで行なっていた環境消毒を、全スタッフが頻度を増やし行うこととしました。人の手が触れる場所はもちろん、患者様が立ち入らないエリアも同様に行っております。

  1. B棟玄関での問診開始

    今まで、診察希望の方に受付で事務が症状を確認していましたが、新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、B棟玄関で看護師が風邪症状の方などの問診を詳しく行うこととしました。症状確認後の判断によっては、「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」への相談をおすすめすることや、他の患者様とは別室での待機、診察を行う場合もあります。ご了承ください。

これらの取り組みは、今後の国の方針・発表に応じて継続、変更致します。

未知の部分も多い新型コロナウイルス感染症ですが、患者様への感染を防ぐ為、すべてのスタッフが全力で感染対策に取り組んでまいります。

またスタッフへの感染を防ぐことも重要であり、患者様と同様にスタッフも守ることが医療を崩壊させず患者様への適切な治療につながることと考えております。

当院の取り組みへの、ご理解・ご協力をお願いいたします。