病院のご案内

言語聴覚療法(Speech-Language-Hearing Therapy:ST)

脳卒中などによりコミュニケーションや、食べることに障害を持った患者様に対し、リハビリテーションを行います。

ことばの練習

失語症や構音障害、高次脳機能障害によって、コミュニケーションに障害のある患者様に対して、「話す」「聴く」「読む」「書く」といった言語の練習や発声発語練習を行います。また、記憶力や注意力などを高める練習も行います。ご家族やスタッフ、他患者様とコミュニケーションが図れるよう、有効なコミュニケーション方法を提供します。

食べる練習

噛んだり、飲み込んだり口から食べる練習を行います。安全に食事が取れるよう、少しでも口から食べられるように支援していきます。 また、医師とともに嚥下造影検査を行い、患者様に合った食事形態や姿勢、動作などの指導も行います。