病院のご案内

回復期リハビリテーション病棟

大生病院 回復期病棟の特色 ~自立を促す空間としての病棟~

当院、回復期リハビリテーション病棟は発症・受傷後の早い段階で積極的な日常生活機能訓練を実施しています。 また、各職種が1人の患者様およびその家族の情報を共有し、適切な日常生活援助ができるよう連携をとっています。 早期自宅退院、退院後の生活を見据えた上での取り組みを重視しています。

回復期病棟の目的

ADL(日常生活活動)の向上・寝たきりの防止・家庭復帰

対象となる方

脳卒中、脊髄損傷、大腿骨骨折等で障害のある方
上記の病気になってから(発症から)1~2ヶ月以内の方

*入院期間は基本的に2~6ヶ月以内です

余暇活動

日中は出来るだけホールで過ごして頂く為、各種レクリエーション企画等ご用意しています。



入浴

当院自慢の温泉を使用しています。どの方も週2、3回入浴していただけ、介助歩行が出来る方は大きなお風呂でゆっくり入浴出来ます。

排泄

各病室の近くにトイレがあります。自立に向けて指導・介助を行います。

食事

食事3食とも、離床してホールで召し上がっていただきます。
1人1人の嚥下機能に合わせた食事を提供します。

着替え・整容

身だしなみも自宅での生活に近づくように、その方の能力に合わせて行います。


平成26年度実績

1、患者属性

  • 退院患者数:151名
  • 平均年齢 :平均 81.4歳(男性:77.2歳女性84.0歳)
  • 原因疾患別:脳血管28.8%  運動器67.3%  廃用症候群3.9%

2、入院患者

【月別入院患者数】

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
平均入院患者(人) 38.2 39.5 37.9 35.9 35.8 32.5 33.6 30.9 33.1 34.6 38.3 35.1
新規入院者(人) 16 10 16 11 10 12 9 11 18 15 11 11
退院者(人) 16 13 16 13 13 11 8 15 13 11 13 13
稼働率(%) 91.0 94.1 90.3 85.4 85.1 77.3 80.0 73.3 78.9 82.5 91.1 83.5

3、退院患者

  • 自宅退院率:90.1% *分母、分子より死亡退院、転院、2割を外したもの
  • 自宅退院率:66.7% *全体の自宅退院率

【月別自宅復帰率】

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
2割患者除く(%) 87.5 100.0 87.5 88.9 87.5 85.7 100.0 88.9 83.3 100.0 85.7 100.0
2割患者除く(%) 64.3 61.5 43.8 84.6 61.5 72.7 75.0 60.0 72.7 80.0 58.3 76.9
  • 疾患別自宅復帰率
    運動器 90.6% 脳血管 89.3%(廃用症候群含む) *死亡退院、転病棟、転院、2割を外したもの
    運動器 70.9% 脳血管 58.0%(廃用症候群含む) *全体の自宅復帰率
  • 転帰先経路
    自宅:102人[有料老人ホーム(0人 )、特別養護老人ホーム(3人 )グループホーム(0 人)含む
    転病棟:5人 老健:20人 転院:13人 死亡退院:3人
  • 在院日数
    大生病院平均 88.4日(運動器 78.2日 脳血管 109.6日 廃用症候群 88.4日)
    全国平均 72.3日(運動器 57.3日、脳血管 89.2日、 廃用症候群 57.2日)

4、日常生活機能評価

  • 回復期施設基準に必要な項目
    重症度患者の割合 25.4%(47/185人)(入院患者の2割以上が重症者である)
    3点以上の回復者割合 72.3%(34/47人)(重症者の3割以上が日常生活機能評価が3点以上回復)
    自宅復帰率 90.1%(73/81人)(6割以上が自宅退院)