病院のご案内

理学療法(Physical Therapy:PT)

病気や外傷などによって身体が不自由になった人々に対し、座る・立つ・歩くなどの基本的な身体の動作能力の回復や向上または再獲得するために、運動療法・物理療法・日常生活動作練習などの手段を用いて、1人1人に適した個別プログラムを施行しています。 発症から年数が経過した患者様に対しても日常生活動作能力向上を目指す理学療法を行っています。

関節可動域運動

関節を動かさないことにより起こる可動域制限、拘縮を予防・改善します。

基本動作練習

寝返り・起き上がり・立ち上がりや、日常生活で転倒のリスクが高い移乗動作なども行っています。

歩行練習

平行棒歩行・4点杖歩行・T字杖歩行など、個々に合った安全かつ効率的な移動能力の獲得を目指します。

物理療法機器

牽引や温熱などを用い、痛みの改善や循環機能の改善を目指します。

<物理療法機器>
牽引装置(頸・腰部)
温熱治療機器:マイクロウェーブ・ホットパック・パラフィン浴・超音波
電気療法:干渉波・低周波・総合電流刺激
水治療法:渦流浴装置
光線療法:レーザー
メドマー(エアマッサージ器)

トレーニングマシン

高齢者用のトレーニングマシンを導入しています。腹部・胸部・背部・下半身の筋力増強、耐久性向上を目的に各部位の強化を行います。