診療のご案内

皮膚科・リウマチ科

【皮膚科】
 手足指、顔、体から耳、鼻、口の中まで肉眼で見える範囲が皮膚科の診察範囲です。また爪白癬(爪の水虫)など爪の疾患も皮膚科で扱っています。皮膚は全身の鏡であるとも言われます。体内の病気が皮膚の変化として現れることも多いのです。皆様、くれぐれも皮膚を大切にしてください。皮膚に何かあれば皮膚科専門医にご相談ください。

【リウマチ科】
 関節リウマチとは、関節(体の節々)に炎症がおこる病気です。関節に炎症がおこるため、関節に痛み・腫れがみられるようになります。治療しないでいると、関節にダメージが蓄積し、最終的には変形や破壊がみられるようになってしまいます。関節リウマチの原因に関しては諸説いわれておりますが、正確な原因に関してはいまだ不明とされています。 近年、医学の進歩もあり、関節リウマチの医療も変化がみられてきています。例えば採血検査では、”抗CCP抗体”といわれる成分が関節リウマチ患者の血液より検出される事が判明しています。統計データでは、抗CCP抗体が検出された場合は、9割以上が関節リウマチと診断されています。抗CCP抗体は関節リウマチの診断にはとても有効な検査といえます。これら抗CCP抗体等を検査する事によって、病気の早期発見・早期治療ができるようになってきています。また、リウマチの治療薬も近年著しく進歩がみられています。 あちこちの関節が腫れて、痛いなど、お困りの症状があるようでしたら、是非一度リウマチ科外来におこしください。検査を受けてみたい、といった理由でも構いません。お待ちしております。

診察室 診療時間(受付時間)
午前 午後
第二診察室
第三診察室
8:45~12:00
(8:00~11:30)
13:00~17:00
(8:00~16:30)

担当医師のご案内

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土日祝祭日
午前



午後